FC2ブログ
1段横に歩けるようになりました
今日は間伐です。根元はツタが絡んでたいへんです。
段の横に歩けるようになりました。
遠くに眉山が見えるところです。
この段はソルダムの木がもう古くなったのでもう一度植え直してみたいです。
0427-1000-c.jpg
0427-1000-b.jpg
0427-1000-a.jpg
山での暮らし
谷の水が氾濫することが毎年のように起こるようになってヨコの土を削っていく。この前の落とし穴のすぐ上にもヨコの土が全くなかった。昔の人が築いた石がかろうじて崩れていないけれど中の土が無い。幅10メートルくらいはあるだろう。下から見上げるばかり・・・・。
0415-1000-a.jpg
水源地まで
店を休んで山にいます。水源地の谷を目指して上っています。杉・竹・ヒバと間伐もされていない木々ばかりです。でもこの杉の木の生命力には感動します。親父がセットしてくれたホースを直しながら水をタンクにもらって、余ればまた流れに返します。2トンとブロックの1トンのタンクがありますがもう一つ1トンのタンクがあるのでそこにもためようと思います。中にホースが届くかやっています。サクションホースという奴です。そんなこんなでいろいろ試しています。農機具がエンジンが一発で動くようにするのは楽しいものです。チェーンソーの分解掃除や動憤のオイル交換。草刈り機のグリスでメンテナンス。2サイクルから4サイクルエンジンといろいろです。明日は雨かな?苗木の植え替えなどあるからまた畑に上ってこようと思います。
0411-1000-a.jpg
畑に向かう日々
人に会わない日々
山を登り、木を切っています。
小さな苗木に水をやります。
山を降りてくると桜の花がいっぱい。
0409-1000-a.jpg
0409-1000-b.jpg
山での生活
谷沿いの道にぽっかりと穴ができていてボクなら首まですっぽりと落ち込んでしまう大きさでした。谷には杉の枯れ木などが引っかかってたまると座布団のような壁を作り水の方向をかえてしまい道の地盤の土を流してしまうようだ。1.5メートルくらいの鉄パイプを打ち込んで岩を放り込んでみます。谷に降りてもっと杭を打ち込んで下から岩も重ねていかないと弱い地盤なのでしょう。獣道のようなこの端っこの道だけど猪や鹿が落ち込んだ形跡はありません。夕暮れならボクは落ちていたことでしょう。早く直したいモノです。朝は百姓生活しています。
0405-a.jpg
山で暮らしています
今夜は、ノコギリのシロート目立てをやってる。大きくて杉の間伐に役立っています。竿の長さは5メートルちょいと伸ばせる。これで作業しているとかなりの筋力トレーニングになります。ポツンと一軒家は大好きな番組だが、そこには奥深い山と向き合い生きている人を見せてくれます。昼間はZESTというラッピングや雑貨の仕事をしていますが朝はいろんな農機具と一緒に山を開拓して暮らしています。
0325-562-1000-P_20200323_223527.jpg
0325-562-1000-P_20200323_223527-b.jpg

谷川に沿って下りる毎日
0223-700.jpg
毎日ここから畑に向かって上り
また下りてくるのだけれど
ココのおうちはいつも花があります。
次はサクラがいっぱいになります。
穏やかな時間が過ぎていきます
同窓会に行って帰ってきてから・・・。隣だった男が甲子園にピッチャーとして行っていたことやその金田さんのような振りかぶるところ。田舎の通りで絶対来てよねと誘ってくれた女の子の走り高跳びのスレンダーなかっこよさなど体育会系の奴らの事がたくさん思い出されてきました。小さいのにドライブのかかった良いサーブをぶち込んでいたバレー女子とその声・・・。久しぶりすぎましたが良いもので、なんか元気に生きていこうかなと思える再スタートになりました。同窓会もいいもんです。
ukulele-b.jpg
50にしてバトミントンを始めて66才になってウクレレを始めることにしました。
谷あいの村にて椅子にもたれ珈琲でも入れて暮らしていけたら十分です。
50年ぶり同窓会へ
本日2日は懐かしき南部中学時代の同窓会に行ってきました。
みんなで5年ぶりに会っているとのこと。
僕は初めてなので50年ぶりということになります。
もうなんか誰が誰だか分かりませんでしたが
楽しい時間を過ごさせてもらいました。
近所のお庵まで
2019-1210-513-769.jpg
お地蔵さんの近く小さな谷があります
お茶をまつりました。

柚子の収穫を始めたいが
2019-1102-600-800.jpg
柚子の収穫を始めたいがまずは草刈りからだ。
うまく育たなかったこの段の畑だ。
柚子の木はちゃんと実をならすまでになった。
この下の段に来年の3月には何を植えようか?
スダチや柚子は針がすざましいので
楽なのが良いけれど・・・・・。
とにかく11月は柚子をしっかり収穫だ。
11月は柚子の季節です
2019-1101-519-771.jpg
11月に入りました。
柚子を収穫します。
ユコウ
今日から「ユコウ」を収穫しています。
お寿司などに使う果樹でスダチの実より大きいです。
何より露地スダチと違って枝にトゲが無いのが助かります。
スダチや柚はとんでもないトゲがあります。
9月露地スダチ10月ユコウ11月柚12月ダイダイと続きます。
この木は実がなりすぎですが若い果樹の勢いを感じます。
早く軽くしてあげて剪定してバランス良い木にします。
さあ!がんばろう!
20191016-1000.jpg
蚊に食われる
2019-0817-1000-900.jpg
露地スダチを雨の中収穫してましたら
何が悩ましいといったら「蚊」です。
スダチの枝の針も痛いのでこれもつらいですが
汗にまとわりついてくる蚊は腹が立ちます。
掻くのを我慢しています。
台風でしたがいかねばならぬ
昨日は台風直撃でしたが、朝7時に出てお葬式がありました。近所の5つくらい上の兄ちゃんが亡くなったのです。受付のお手伝いもありました。とんでもない雨と風でした。箱形の軽ですので土手沿いはヤバかったです。県庁前から末広に向かう海の水位の高さが尋常ではなく高くて身の危険を感じました。でもお隣の兄ちゃんとの別れです。淋しいものです。初めて自転車に乗れたのも河原で野球を教えてくれたのも鮎を捕る方法を教えてくれたのも秋祭りの大太鼓の叩き方を教えてくれたのも全てこの兄ちゃんのおかげだったのです。酒の飲み方も教えてくれたけれど少し飲み過ぎた人でした。多くの近所の人たちもお見送りしました。71歳?つらいものです。
2019-0815-d-1200-900.jpg
勝浦川
f-0804-900-1200.jpg
日差しが強いですね
朝8時から村の出役があり掃除をしていました。
終わって田んぼの草刈りに。
木陰が無かったのできつかった。
勝浦川に沿ったいつもの道を帰ります。
今日は日曜日だから鮎を釣ろうと来ている人がいます。
あの川の流れに潜って鮎を追っかけていました。
潜って川の中の風景を見たいものです。
豊田勇造さん
30才の頃だったっけ徳島に歌いに来てくれた豊田勇造さんのお世話をしたことがあります。長い付き合いで60歳の時60曲をそして今回70歳にして70曲のフリーコンサートを懐かしき京都円山音楽堂にてやったとのこと。今年も徳島に歌いに来ます。国府の高橋君のお世話で11月3日日曜日です。楽しみにしています。露地スダチを京都に送るくらいですがまた話ができればと思います。歌い続ける豊田さんのように僕も山で暮らしていこうと思います。
f-0801-700-933.jpg
f-0801-700-934.jpg
イノシシは繁殖期か?
ウリ坊というと皆さんはカワイイーー!というのでしょうね。8匹仕掛けに入っていました。今は繁殖期なのですね。急ぎ農林水産課から紹介してくれたハンターに電話しました。こんなに捕まえたのは初めてです。
f-0730-863-1040.jpg
露地スダチ
露地スダチは順調に来ていますが
この道筋も草刈りをしなくっちゃ。
f-0727-700-900-a.jpg
f-0727-700-900-b.jpg
レモンの木
去年イノシシに(多分)倒された2年目のレモンの苗木です。小さな実が15個くらいありました。たくましく復活して・・・でも3年で実がなるのかな?びっくり。枝も細いので竹で支える奴を作りましょう。・・・で・・レモン・・・俺・・何かに使うこと考えなければ。
f-0720-900-1200-remon.jpg
イノシシの奴め
イノシシの奴め
苗をひっくり返し根を食べまくる。
こんな場所まで・・・。
植えた場所には全部来るということだ。
イノシシの奴!・・・。
明日はちゃんと網を張ってみよう。
f-0720-900-1200-a.jpg

f-0720-900-1200-b.jpg
飯谷での生活
雨が降り続きますね
ミニトマトの1個ですが
成長が楽しみ
f-0704-1000-a.jpg
畑は眩しい
サングラスは必需品ですが安物なのですぐ壊れてしまいます。
ヨネックスのバド用のグリップテープで修理しました。
f-0704-1000-b.jpg
小さい畑
僕のことを不憫だと思ったのか
朝のうちに姉がやってきてくれて
ミニトマトを植えてくれた。
自宅のを移してくれたのか
もう1個あります。
トウモロコシ2本に枝豆、ちっちゃいスイカを冷蔵庫に
ミニトマトは赤いのと黄色いのとがいっぱい・・・。
楽しみが増えました。
f-0703-1000-a.jpg
f-0704-1000-a.jpg
少しだけど岩が崩れていました。
勝浦川に沿ってこの道がありますが、バスなどが通る反対側の道は橋が潜水橋ですぐに通行止めになってしまうのでこの道が唯一駅前に走る重要な道です。しかし岩が柔らかくてすぐに地崩れします。僕は昼頃でしたので朝の気質の方はうまく通れたようなのにその間に崩れたのでしょうか?真ん中の石を動かしましたが重たかったです。バールと軍手ぐらいは乗せとかないといけません。木が倒れ込んできたりもしますのでのこぎりも必要か。防水ライトとチェーンソーを知り合いは乗せていて助かったことがありました。田舎で住むということはそれなりに備えがいります。
f-0702-1000-1333-a.jpg
f-0702-1000-1333-b.jpg
雨がたくさん降りました
ケータイが壊れたおかげで画像をすぐにアップできなくなったけれど老眼にはパソコンの前での作業がちょうど良いです。
かんたんケータイの画素数もかなりの高性能なので小さくしました。また名簿の分類も農協関係とか文字を書き込んでみました。ただ電話がかかってきましたとデカい文字でお知らせしてくれるのは、ちょっとウザいです。音鳴ってるし・・・お節介が過ぎます。まぁまぁ年相応というやつでココロ静かにいきましょう。山沿いの道を通って街まで来ました。
0627-750-1000-b.jpg
0627-750-1000.jpg
畑にて
0624-1200.jpg
雨の合間に消毒をしたりイノシシ対策の檻やトタンで囲んだり。
どんどん草も生えてきますので草刈り機は常に軽トラックにスタンバイしています。
暑くなりました・・・・どうもiPhoneが調子悪いです。2年の保証期間は過ぎましたので新しいのをいかがですか?・・・と
もう電話だけでいいなぁ・・。ココにアップするのも安らぎますが・・。
桃が実りました
0620-momo.jpg
カリンなど少し珍しいのを植えた畑の一番奥に初めて桃を見つけました。
枯れた木を取り除き草を刈り、陽が当たるようにしたら2個実ってくれました。
熟すまでおくと多分カラスなどにやられてしまいますので
少し堅いですが持ち帰ります。
杉の木を倒しています
倒すときの音は怖いです。
倒し、枝をさばいています。
また新しい果樹を植えるつもりです。
10年やり続けられるかなぁ。

2019-0216-1000-a.jpg
copyright © 2005 ZESTオヤジの『しっくりいかない日々』 all rights reserved.
テンプレート制作者: Akki(吉祥人デザイン)
Powered by FC2ブログ.