おばあちゃんが使った農機具の迫力
20080504-320.jpg先日もう使わないからと農機具をたくさん分けてもらった。その中にその方のお婆ちゃんが愛用していた・・藁をたたいたりする・・これお米を作っている農家には必ずありますよね。この迫力に圧倒される。その方の記憶の中にお婆ちゃんは生き続けているんだ。彼がオイラに手渡すときに要らないからといいながら淋しそうな表情になった気がした。何年も女性はガマン強く日々農作業に明け暮れたのだろう。暑い日も寒い日もあったろう。古い農家の中でガマンできずに叫びたくもあったろう。かまどの近くの柱に打ち付けた小さな鏡を見ながら泣いていたオフクロを小さいときの記憶がオイラもあります。農家の女性は過酷だった。いろんな想いが込められているものをいただいた。50を過ぎて今頃農家を始めたオイラにとって大切にしなければいけないことを教えてくれる。日々の畑仕事に頑張ろうと思わせてくれるモノがまた増えた。大切にしようと思います。
20080504 (1)-320
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
昨日、ウェディングスタイルの高橋と一緒に伺った田中です。
チョコバーありがとうございました!おいしく頂きました。

これからも、お店やブログにちょこちょこお邪魔させてください!
2008/05/06 (火) 11:26:41 | URL | ちーぼー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人だけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ZESTオヤジの『しっくりいかない日々』 all rights reserved.
テンプレート制作者: Akki(吉祥人デザイン)
Powered by FC2ブログ.