FC2ブログ
時を重ねているものばかり
20111126-320-1.jpg
シロートが15年以上経った杉の木を切り倒しているのです。
うまく倒す場所を考えて斜めにノコギリをあてているつもりです。
もちろん自分の方に倒れてくればひとたまりもありません。
20111126-320-2.jpg
キレイな生きてる木を切っているんだ・・・・・。と考えてしました。
年を経てこんなにも見上げるようになった杉の木をどんどん切っています。
20111126-320.jpg
親父なら切った木の皮をすぐにむいてちゃんと乾かすと良い柱になると病室で言ってくれました。なのに有効な使い方をしようとしていないな・・・。小屋でも建てて暖炉でもあれば割ってストックしようなんて・・・。
20111126-320-3.jpg
いつも遠くを見ながらこんなことができたらなぁなんて思いつきばかり・・・。だからいつも一人なんだな。
木の年輪はしっくり時間がかかっている。寡黙に時を経て冬の風に揺られているんだ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人だけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ZESTオヤジの『しっくりいかない日々』 all rights reserved.
テンプレート制作者: Akki(吉祥人デザイン)
Powered by FC2ブログ.