FC2ブログ
5月3日木曜日
0503-320.jpg
長いこと生きて来ると霧がかかったり途方に暮れたりする物だけれど、ある時から(仕方ないやと思うだけなのだけれど)これは楽しんでいこうと思うことがふと見つかる。一人で始め一人で後始末して繰り返す中で49歳から身体を動かせる事をうれしいと思うようになった。20代30代と本当に歩くことさえ忘れたような時期があった。何回か救急車で運ばれたり入院して・・・・・結局「疲れていますね」と言われた。孤独な人生をそこにいた女性に聞いて貰おうとしたが、看護婦さんは忙しいのですぐに病院から追い出された。少し走ってみた。100メートルで立ちくらみ吐き気が・・・・・。少しづつ・・・案の定右肩は壊れ、1年間は上に上がらない右手。右足にギブスも巻いた事もあった。フライングレシーブでアゴから血が吹き出たこともあった。身体固い・・・。今58歳になり週5回、バトミントンかソフトバレーをしています。自転車通勤も慣れて来ました。右足が悲鳴を上げたのでこの前足の裏に注射をして貰いました。腕のいい女性の先生を知っています。一発でなおりました。雨の夜バレーの帰り哀れに思ったのか優しい声をかけてくれる人にも知り合いになりましたが、いいのです。一人の時間をけっこう楽しんでします。くたばるまで走り続けよう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人だけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ZESTオヤジの『しっくりいかない日々』 all rights reserved.
テンプレート制作者: Akki(吉祥人デザイン)
Powered by FC2ブログ.